自宅でヘアカラー 髪色戻し

ヘアカラーの髪色戻しを使ったのに、髪色が戻らない時ってありますが、

どうしたらいいのか?、ご存知ですか?


ハイブリーチを繰り返して髪がかなり傷んでいる場合には、髪色が戻らない場合があります。

髪がかなり傷んでいると染料がきちんと定着しなかったり、色落ちが早かったりする事もありますね。

その場合、髪が傷んでいるのが原因なので、ヘアマニキュアタイプか一時染めタイプが、おすすめです。


また、ハイブリーチなどで黄味が強くでている髪にヘアマニキュアタイプの髪色戻しを使うと、

緑色になる事もあります。これは、黄味の強く出ている髪に髪色戻しの青色とが一緒になるからです。


その他に、ヘアカラーでもマットやオリーブ・アッシュといった色で染めると、緑色になる場合があります。

その場合は、ブラウン系の色で染め直したほうが良いと思います。


| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅でヘアカラー 市販ヘアカラー剤

自宅での市販ヘアカラー剤の使用回数は、年代別だと、40代、50代の使用率が高くて、

特に50代では約半数が3ヶ月間に1回以上は自宅で市販ヘアカラー剤を使用していて、

年間での平均使用回数は2.72回と3回弱。

年代別にみると、15〜19歳、20代、30代は年間1回台、40代が3回強、50代で5回台となっています。


自宅で出来る市販のヘアカラーの場合、最大の問題点は、どうしても塗りムラが出出来てしまう事ですね。

塗れている所と、塗れていない所が出てしまいますので、仕上がりがマダラになってしまうんです。

これを防ぐには、何よりも、しっかりとまんべんなく、カラー剤を塗布する事が大切です。


また、髪への負担としては、市販のヘアカラー剤は誰が使っても染まるように、

美容室で行うヘアカラーと比べると、強めの薬剤を使用しています。


安くて、手軽なのが魅力の市販のヘアカラー剤ですが、メリットとデメリットを良く考えて使ったほうがいいでしょう。


| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅でヘアカラー おしゃれ染め

自宅でヘアカラー おしゃれ染め

おしゃれに髪の色を染める事を、「おしゃれ染め」と呼んだり、ヘアカラーと呼んだりしますね。

「白髪染め」だとしても、「白髪染め」という呼び方だと、気持ちが落ち込みますよね。


さて、このヘアカラーは、自宅で簡単に出来るものと、美容院で出来るものがありますが、

最近では、自宅で簡単に出来るものの値段が手頃なのが、いいですよね。

でも、美容院で染める場合は、自宅で染めるより値段は高くても、むらなく綺麗に染まっているし、

その人にあったものを選んでもらえるので、女子力UPには、美容院もおすすめですね。


ヘアダイのように、長持ちするタイプのヘアカラーでも、

2〜3ヶ月経つと、新しく伸びてきた髪の毛の先の部分には色がついてないので、

やり直す必要がありますし、ヘアマニキュアだと1ヶ月ほどでほとんど色が落ちるので、

そのたびにカラーリングする事になります。

その他に、カラーマスカラというのもありますが、これはシャンプーのたびに色がおちるヘアカラーです。


| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅でヘアカラー 白髪

白髪染めと、ヘアカラーの違いをご存知ですか?

白髪染めというのは、ヘアカラーの一種です。白髪を染めるヘアカラーを『白髪染め』と呼んで、

普通の黒髪を染める、いわゆるヘアカラーと区別しているんです。

だから、失敗しない白髪染めの方法と、正しいヘアカラーの手順というのは同じです。


さて、その方法ですが、まず、乾いた髪に白髪の目立つ部分、

分け目、生え際、前髪から先に、混合液を塗布します。


次に髪の中間から毛先という順番で、混合液を足しながら塗布します。

毛先まで塗布したら、次の部分の髪を2p位分に分けてとって塗って、後半分に塗っていきます。

えりあしの根元からつけ始めて、毛先まで伸ばしていく。

次の部分の髪を分けとって、同じ様に染めていく。この繰り返しです。


最後は、ヘアカラーの色が出なくなるまで充分にすすいで、髪を乾燥させて終了です。


| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅でヘアカラー

ヘアカラーって、当然、美容院でやるほうが、断然キレイなんですよね。

女子力UPの為にも、1ヵ月に1度は、プロの手で髪をキレイにするのは基本中の基本!

とは言っても、経済事情や仕事の事情で、無理な事もありますよね。

そこで、自宅でヘアカラーっていうことになるんですが、

自宅でヘアカラーをするときの3つの注意点をご紹介しますね。


その@温度⇒ ヘアカラーは温度が高いほど、良く染まります。

 室内の温度は、だいたい20〜25度が理想ですね。


そのA時間⇒ カラー液を塗った後は、放置時間が長いほど良く染まります。

 髪が染まりにくい時は、放置時間を5〜10分長めにすると良いですね。


そのB液量⇒ ヘアカラー剤は量を多くつけると、良く染まります。


自分でムラなく染める為に、ヘアカラー剤を沢山使用すると良いですね。

1箱でセミロング程度の長さまで対応なのですが、

セミロング以上はヘアカラー剤を2箱とか使用すると良いですよ。




| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。